読む力、読み解く力を得るために。

漢字の苦手な児童に多いのですが、音読を「ただ読むだけ」にしている場合です。

漢字は「読める」のだけれども、内容が頭に入ってこないということになります。

 

日本語というのは世界的に見ても、「読み・書き」が難しい言語で、「聞く」「話す」が案外やさしいのです。

漢字とかな(ひらがな・かたなか)で表現される文章は、一字一句追わなくても内容がわかるようになります。(追うほうがより理解は深まりますが)

それは漢字の使いどころ、かなの使いどころが、ある程度完成された日本語表現として存在しているからです。

 

漢字には「読み」が存在すると同時に、「意味」もしっかりと存在しています。

当たり前のことですが、「へん」や「つくり」が漢字の表現のヒントになっています。

だから漢字の意味を知ることで、より早く、より深く文章を理解することができます。

 

訓読みに付け加えて、その漢字を使った熟語を覚えることで、漢字への理解が深まります。

しかし、その第一歩はまぎれもなく「漢字の読み書きを覚えること」から始まります。

 

今、小学生なら漢字練習の時間がじゅうぶんにあります。

今の学年の漢字の読み書きの確認と前学年の漢字の未熟な部分をチェックしてください。

文章をしっかりと読み解くことができれば学力が向上します。

小学生の漢字レベルはきっちりと習得したうえで、進学しましょう!

タイトルとURLをコピーしました